ロッカク凧 ちょっと工夫

d0030510_2223411.jpg

写真左側:
縦骨と横骨の交差するところはカーボンロッド同士がこすれて傷になるので文房具の鉛筆ペン用グリップが横骨(スカイシャークP-300)のサイズにもぴったりでクッションに使いました。
グリップの指が当たる溝に縦のロッドがぴったり納まります。
商品名:ニューグリップ(クツワ株式会社)
写真右側:
横骨が入る両端のポケットから凧をそらす張り糸のリングを先端に付けないで少し中側にプラスチィックの三角の部品を取り付けました。カイトの角がすっきりして見た目もよく張り糸を張った際も無理がかからずなかなか良いです。
[PR]
by drachen | 2006-06-26 22:58 | 凧作りの方法


<< 凧型60面体 ウインドソックス... ロッカク凧試し揚げ >>